鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」: ジャーメイン・コーチ来日

先日、ウサイン・ボルトも所属するレーサーズ・トラッククラブでコーチを務めるジャーメイン・シャン氏が来日され、陸上指導を行いました。

以下、関連記事です。

http://mainichi.jp/sports/news/20131125k0000m050018000c.html

2014年はジャマイカと日本の国交樹立50周年という節目の年です。

今後もこのような交流を重ねていきたいですね。

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ

鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」: Champs

世界陸上でも、ジャマイカは大活躍でしたね!

ところで、ジャマイカの人口はわずか300万人弱で、日本の人口の40分の1程度です。にもかかわらず世界トップレベルのスプリンターが次々と輩出されるその強さの秘訣とは一体。様々な説がありますが、陸上というスポーツが国に根付いていることは間違いありません。以下はBoys and Girls, Champsという高校生の陸上選手権における写真です。

2013y09m28d_160738272

Champsは100年以上の歴史があり、大会期間中はナショナルスタジアムが超満員になります。ボルトやブレークもこの大会で活躍し、一躍有名になったそうです。毎年3月に行われるChamps、皆さんも観戦に行かれてはどうでしょうか!

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ

ジャマイカ旅行に行かれた方からの感想をご紹介します。

こんにちは、今年の春先にジャマイカ旅行についてご相談してお世話になった○○です。昨日までのお盆休みに娘と二人でジャマイカを旅してきました。5泊7日のあっという間の時間でしたが、ジャマイカに行って本当に良かったです。

コヤバホテルに宿泊しましたが、スタッフもみな親切ですごく居心地が良いホテルでした。主なスケジュールは、キングストンツアー、ハーフムーンでの乗馬・水泳、ドクターケープビーチ、ピアワンでのディナー、コヤバ近くのジャークチキン屋さんでのテイクアウト、9マイルツアー、コヤバのビーチでの海水浴など、とても楽しめました。 食事もおいしかったし、現地の人も親切だったし、娘も大満足でした。

次回は、ジャマイカマラソンに参加してみたいです。ただ、もう少し近くにあるともっと行きやすいのですが、それだけがちょっと残念です。あと、予想以上に日本人が少なくてびっくりしました。ホテルでも観光地でも日本人(東洋人)は、ほとんど見かけなかったです。みんなどこに行ってるんでしょう。私は知人には、ジャマイカの良さを勧めておきますので、観光局の皆様もお仕事、頑張ってください。

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」‐ジャマイカの八百屋さん

練習後は八百屋さん(?)に連れて行ってもらいました!まずはココナッツ!! ココナッツが本当に美味しいんです。ちなみに、初めはココナッツジュースとして飲みます。

1st shoot

続いてマンゴー!!本当に甘くて美味しいです。日本で食べたら相当値が張ると思います。

mango

最後にサトウキビ!!美味!!疲れてヘトヘトでしたが、完全に疲れを癒してくれました。

sugar cane

ジャマイカの果物、本当に美味しいですよ。

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ

鷲谷修也「ジャマイカ・ブログ」-朝練!

11月19日朝練。

朝練は6時から。こんなに暗い時間から練習はスタートします(勿論、トップ選手も)。テレビでは、おちゃらけている姿しか見せないジャマイカ選手ですが、実はかなり真面目です。今日は主に、アシスタントコーチのシャーンから指導を受けました(彼はジュニア世代のナショナルチームのコーチでもあります)。ドリルを教わり、その後はメニューをこなしました。守秘義務があるため細かい練習内容は省きますが、ひじょーーーーーにハードです。きつくて、気が付いたら上半身裸になって走っていました(笑)。

本当にきつかった。。

2013y05m27d_094356550

カテゴリー: Uncategorized, 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ

ジャマイカ訪問報告

ジャマイカ訪問報告 (株式会社ドーム 大前祐介様からの報告)

3月15日~26日の12日間、ジャマイカ・キングストンに滞在しました。今回の訪問の目的は、今やジャマイカの国技と言っても過言ではない陸上競技に触れること、トップチームのトレーニングを体験することでした。私自身も陸上選手として数年前まで活動しており、陸上のプロアスリートとはどんなものか自身の目で確かめたいと思っておりました。滞在期間は、基本的にグラウンドと宿舎の往復、もしくはスポーツ施設の見学とかなりストイックなものになりましたが、スポーツを生業としている私としましては、滞在期間中の毎日が目からうろこ状態でありました。トレーニングの内容としましても、毎日倒れるような練習をしており、さすがはトップ選手といったところでしょうか。私個人としましては非常に不本意なのですが、途中で怪我をしてしまい、最後まで体験をすることができず。しかし、コーチの横で色々なお話をできた分、ジャマイカ人の競技に対する考え方などを直に学ぶことができました。

また、ジャマイカ国内の施設にも訪問することができました。おそらく国内で数少ない(と思われます)トレーニングジム「Spartan Health Club」で実際にトレーニングを実施。限られたスペースに所狭しとウェイト器具が置かれており、日本から比べると違和感を感じましたが、トレーニング自体はしっかりとできました。ブレイク選手などトップ選手のトレーニングを至近距離で見ることは、自身のトレーニングよりも財産になった気がします。

また、ナショナルスタジアムにてCHAMPSという中高生の全国大会を観戦することができました。高校生ながらレベルの高い走りを披露し、さすがは陸上王国と感じさせる一方で、将来のオリンピックメダル候補生を先取りできたという優越感もかなりありました。観客も盛り上げ方を知っており、ブブゼラを使いながらの大音量の応援はとても印象的でありました。

そして、ナショナルスタジアムではもう一つ、W杯北中米カリブ海予選「ジャマイカVSパナマ」を観戦しました。こちらは陸上の大会とは違い、国の威信をかけた戦いであり観客も殺気立っている状態でした。入場制限をかけられていましたが、運よくギリギリのところですり抜けて入場することができました。実は、日本代表の試合も生で観たことがないのにジャマイカでW杯の試合を観るとは夢にも思わなかったです。多少危ない目にもあいましたが、試合を観戦することができ、ジャマイカのスポーツ熱を肌で感じることができました。

今回のジャマイカ訪問では、スポーツシーンを通じてジャマイカ人のスポーツに対する情熱を感じることができたこと、スポーツがひとつの文化として根付いていることがよく分かりました。文化遺産やリゾートなど観光地を巡ることももちろん楽しいですが、スポーツを通じてナショナリズムなどその国の本質を知ることができるとも強く感じました。

また近いうちにジャマイカへ訪問できれば、そう思っています。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

鷲谷 修也「ジャマイカ・ブログ」

ジャマイカ滞在3日目。(2012年11月18日)

今日は、University of West Indies(UWI)にて、市民らが参加する盛大なウォーキングイベント。タクシー運転手らの情報によると、「ボルトやブレークも来るらしい」とのことだったので、現地に行ってみました。すると、そこにはグレン・ミルズコーチの姿が!ミルズさんはボルトが10代のときからのコーチで、レイサーズトラッククラブの社長兼ヘッドコーチです。開会式で表彰を受け、挨拶をしていました。さすがは国民的スター。この表彰が終わってからも、ミルズコーチの周りには常に人、人、人!話しかけられそうなタイミングはほとんどありませんでしたが、「情熱と感謝の気持ちだけは伝えねば」と思い、メディアの後ろをコソコソと付いていきました。すると、帰り際に一瞬の隙が!(というか、車に乗ろうとしているところを半ば強引に呼び止めました。笑)「こんにちは。鷲谷と申します。レイサーズの練習に明日から参加させてもらう者です。」 「おー日本からはるばるきたのか!」「はい。練習参加を許可していただいて、本当にありがとうございます。「いやいや、わざわざ来てくれてありがとう!でも、4日間は短すぎるよ。最低でも4ヶ月は必要だ。」「理解しています。でも学校があるのでそんなに長く休めなかったんです。練習を見るだけでも凄く勉強になるはずですし、また来年戻ってきたいと思っています!ジャマイカが本当に大好きなんです!」「はっはっは!明日の朝練から参加するのか?」「はい、もちろんです!ミルズコーチは来られますか?」 「ああ行くよ。」

ここで、ミルズコーチの友人が「どの種目をやってるの?」と僕に聞いたのですが、ミルズコーチが代わりに「短距離だよ。」と答えてくれました。(正直僕の存在なんて知らないと思っていたので、感激でした。)最後に、「明日からの練習、本当に楽しみにしています!」と伝えると、「俺もだよ」と笑顔で答えてくださいました。「ミルズコーチは気難しい方」という噂を耳にすることもあったのですが、大変気さくな方でした。明日からのレイサーズでの練習が本当に楽しみです。

2013y04m18d_144415628

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ

鷲谷修也「ジャマイカ・ブログ」

ジャマイカ滞在2日目。

「うわー寝てしまったー(初日からクラブで遊ぶ予定だったので笑)。」という後悔と共に、6時に起きました。その日はレイサーズクラブでの練習は休みだったのですが、「とりあえず」行動してみることにしました。まずはタクシーの運転手に、「ボルトの練習場に連れて行って!」とお願いし、University of West Indies(通称UWI)に向かいました。UWIには、ボルトが作った立派なフィールドがあるのですが、そこには誰もいませんでした。んー残念。 

次に向かった先は、University of Technology, Jamaica(通称UTech)です。ここは、MVPトラッククラブの練習場所で有名選手も多く在籍します。運転手は、「きっと誰も練習してないよー。」と悲観的なことを言っていましたが、ここで奇跡が起きました。フィールドを見渡すと、アサファ・パウエル(元世界記録保持者)、シェリーアン・フレイザー(ロンドン金メダリスト)ら有名選手がズラリ!ここは鷲谷の交渉術の見せ所です。メディアの人間ではなく、日本から陸上の勉強に来た、と説明すると、練習の見学と撮影を快諾してもらえました。練習風景はこんな感じです。

 2013y03m11d_124737737

 11月だというのに皆短パン半袖。そして驚いたのは、「芝生」の上で練習しているということです。(いや、芝生というよりは、何も整備されていない、草の上です。)彼らは超一流軍団ですが、タータンの専用フィールドを持っていません。我々がいかに恵まれた環境で陸上をやっているのか、実感しました。そして練習メニューもかなりきついです。詳しいメニューはここでは省きますが、かなり「泥臭い」練習を行います。メダリストらが吐きそうになるくらい練習していました。「世界一厳しい練習をしているから、世界一になれるんだな」、と陸上の素人ながらに感じました。 練習が終わったら、アサファ・パウエル、シェリーアンらにどういった意識で練習しているのか聞きました。吐きそうな表情をしているにもかかわらず、笑顔で話をしてくれました。本当当に心が広い!写真も撮ってもらえて、一生の思い出になりました。 

最後にコーチに話を聞きましたが、大阪陸上で日本に行った際に「本当に素晴らしい国だ」と感じてくれたらしいんです(パウエルも同じ話をしてくれました)。

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | 1件のコメント

セレブの隠れ家、ラウンド・ヒルで挙式したH・W夫妻

「素晴らしいホテルでのんびりできて、思う存分、満喫できました。式は笑い声の絶えない楽しいもので思い出に残るものでした。」  挙式場所は敷地内のスパ前の芝生の上。提案としては「日本語表記のホテル施設説明書があった方がよかったのではないでしょうか」

DSC_2695rhsea DSC_2701rH式

 

カテゴリー: セレブの隠れ家で挙式 | コメントをどうぞ

鷲谷修也「ジャマイカ・ブログ」#3 ジャマイカ到着

ニューヨーク、フロリダで飛行機の乗り換えを行い、ジャマイカに到着しました。待ち時間も含めて、合計20時間くらいでしょうか。僕、飛行機が大好きなんです。乗り物が好きというわけではなく、普段のタスクから解放されて、「あー!やっとゆっくりできるー!」っていう感覚なんですよね。飛行機に乗ってストレスを感じたことはほとんどありません。共感してくれる人はあまりいないのですが。(笑)空港に着いたら、とにかく色んな人から声をかけられました。おそらく、何も知らない観光客から、過大なタクシー代を請求しようとしているのだと思います(全員ではないですが)。僕は観光局の方から教えてもらった、国営のJUTAというタクシー会社を使いました。ここは安心できる会社です。そのタクシーの運転手は、サービスでボブ・マーリーの銅像がある場所に連れて行ってくれました。レゲエのことは何も知らないのですが、さすがはレゲエの神様です。銅像からもオーラを感じました。どっちがボブ・マーリーか、分かりますか?

マーリー

その後、「ホテルに行く前に陸上競技上寄ってもらえる?誰か練習してそうだからチェックしてみたいんだ。」と運転手に話したのですが、「道が混んでいるし、選手は朝練習してる」という理由で断られました。おそらく、面倒だったのでしょう。(笑)結局そのままおとなしくホテルに向かい、その日はゆっくりすることにしました。本当は初日からクラブに行ってみたようと思っていたのですが、やはり体は疲れていたようですぐに寝てしまいました(笑)。ちなみにお世話になったのはインディーズホテルという場所です。次の日の朝、特に予定はなかったのですが、「勘」で行動してみたら、ビッグスターに会えました。さすがは運だけで生きている人間です(笑)。次回は、そのことについて書きたいと思います。

インディーズ

 

カテゴリー: 鷲谷修也 「ジャマイカ・ブログ」 | コメントをどうぞ